So-net無料ブログ作成
検索選択

ココイチの廃棄ビーフカツが津島のスーパーでどの様に売られていたか? [ニュース]

ココイチの廃棄ビーフカツが津島のスーパーでどの様に売られていたか?

本来、販売されず売られていたブランド力の高い商品。
ココイチのビーフカツが安く販売されていた買いますよね。

会社間の信頼が無くなり、
客側との信頼は回復できない位の溝が出来てしまった問題です。

今回の記事の概要

1.ココイチの廃棄ビーフカツが津島のどのスーパーで売られていたのか?
2.価格は?ビーフカツ以外にも売られていたの?
3.なんで発覚したの?問題点は?
4.まとめと感想


と、今回のココイチの産廃ビーフカツ問題を4部に分けて探ってみたいと思います。

※併せて読みたい記事
>>>  ・ココイチの産廃ビーフカツはどこのスーパーで販売された?  

<スポンサーリンク>




1.ココイチの廃棄ビーフカツが津島のどのスーパーで売られていたのか?



今回の産廃ビーフカツが平然と売られていたようです。
なんと、5枚セットで398円だったとか。
一枚あたりは、100円以下。
勿論、揚げる前ですからココイチでトッピングするより遥かに安い。


買っちゃいますよね~ 


でも、実は産廃されるはずの商品ですが、
産廃業者「ダイコー」によって転売されていた。

転売経路の説は複数ありますが、

ココイチから、「ダイコー」
「ダイコー」から、仲卸業者へといったみたいです。

この仲卸加工業者が「みのりフーズ」の様ですね。
岐阜県羽島市にあるらしく、
こんにゃく
・揚げ

なんかも販売されていたようです。

この「みのりフーズ」からスーパーなどへ
卸されていたとのことです。

そのスーパーの名前が、

愛知県津島市の「Aマートアブヤス 神守店」 
名古屋市中川区の「Aマートアブヤス春田店」 

の2店舗と言われていますが、
結構な数がありますので、
2店舗では捌けないと思います。

販売経路はまだまだ枝分かれしそうですね。


自分は弁当屋さんなどにも卸されているのでは無いかと思います。
弁当屋さん、特にインディー系の地元密着型だと価格競争になりますし、
安ければ自前で準備するよりもいいですからね。

2.価格は?ビーフカツ以外にも売られていたの?



今回のビーフカツ上記2店舗では5枚1袋398円で販売されていたそうです。
何と言っても、
ココイチのブランド力。
しかも、ココイチの中でも高級トッピングのビーフカツですから。


それが1枚100円以下で手に入るのなら
飛びつきますよね。


他には、

チキンカツ 

カツ 

メンチカツ 

ビーフカツ 

ナポリタンスープ 

ラーメンスープ 

とこんなにもの種類が
廃棄されず転売されていたようですよ。

どれも安かったら買ってしまうものばかりで、
食卓にあったら嬉しく常備しておきたいものですね。

お弁当のおかずにもいいですし、
晩ごはんにも。

しかも、平然とココイチブランドで売られていたみたいですよ。


いやいや、そこは名前を隠しましょうよと思っていしまいます。(そういう問題ではない。)

後半では発覚までの道のりと、問題点です。


<スポンサーリンク>




3.なんで発覚したの?問題点は?



発覚した理由なのですが、
なんとココイチのパート従業員が買い物に来ていたら、
偶然、本来販売される筈のないココイチのビーフカツを発見し本部に通報したようです。


従業員が良く見つけましたね。


良くスルーしなかった。


これを見付けたのが1月11日。


で賞味期限は1月30日だったようですよ。


賞味期限いないですが、
考えてみますと、
ココイチから産廃業者に渡される際は、
勿論、ゴミ扱いですから常温のトラックだったと思われます。

産廃業者に冷凍車があるとも思えませんし、
冷凍庫や冷蔵庫があるとも思えません。


ですので、卸された会社までは常温だったと考えるのが普通ですね。



そんなビーフカツが店頭に並ぶわけですから怖いですね。


しかし、現在のところ健康被害は確認されていません。



牛肉は熟成された方が美味しいですから。という冗談はさておき、

一度、解凍された品はよく見れば分かりそうなものですが・・・

※併せて読みたい記事
>>>  ・ココイチの産廃ビーフカツが販売されていたアブヤスって?どんな会社?  

4.まとめと感想






今回の事件は、
ココイチで異物混入→産廃業者へ→卸先へ転売→平然と売られていた→安いから客は購入


という流れですが、
10年前くらいでしょうか、
牛肉偽装事件を思い出しますね。
「ミートホープ事件」。


あの時の社長の「安いものを買う客も悪いんだ。」という主旨の言葉を思い出されます。

しかし、今回は大手CoCo壱番屋のビーフカツです。
安心以外の何物でもない商品が本来産廃品だったなんて。


見分けるのは難しいですし、

ビーフカツ以外にも、
産廃品って転売されているんですよね。



街中で見かける洋服の激安店。
これも、本来は販売店の納期に間に合わずキャンセルを食らったもの等の訳アリ品。
これを廃棄するかしないかで転売し儲けている人も多いです。



安いから飛びつくのは当たり前です。
洋服ぐらいだったら健康被害も無いでしょうが、


今回のビーフカツは信頼を失いましたね。



当分は安い品には気をつけろです。

<<<あなたにオススメ人気記事>>>
■つんくの癌は完治?治療法と病院はどこ? 
■つんく は末期 癌?病院と現在は?
■東国原英夫の現在は?結婚?知事選は?
■梅田賢三は現在、仕事があるのか?今の画像は?
■小渕優子が辞任? 姉と政治資金の関係は?



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
広告スペース
Copyright © あのニュース2014-2015の真相や画像です。 All Rights Reserved.
FX会社

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。