So-net無料ブログ作成
検索選択

ココイチのビーフカツを販売していた津島のスーパーはどこ?名前は? [ニュース]

ココイチの廃棄されるはずだったビーフカツを販売していた愛知県津島市のスーパーはどこ?名前は?


1 ココイチのビーフカツが販売されていたスーパーの名前は?

2 どの様な形で、ココイチのビーフカツが転売されているのが見つかったの?

3 転売されていたビーフカツの賞味期限と健康被害は?

この3つに分けて、今回のココイチの参拝されるはずだったビーフカツについて探ってみたいと思います。

※併せて読みたい記事
>>>  ・ココイチの産廃ビーフカツはどこのスーパーで販売された?  

<スポンサーリンク>




ココイチのビーフカツが販売されていたスーパーの名前は?



産廃されるはずだったココイチのビーフカツ。
どうやらビーフカツだけではなくて、
メンチカツなんかも転売されていたようですね。



こちら、
産廃業者の「ダイコー」からの以来で加工業者がスーパーに卸していたとか。



その卸先のスーパーですが、
今のところ2店舗と言われています。


そのスーパーの名前は、

・愛知県津島市の

「Aマートアブヤス 神守店」

名古屋市中川区の

「Aマートアブヤス春田店」



ということです。


同じ系列のスーパーに卸していたのですね。


これだけではないんです。


現在、判明しているのは
スーパーだけでも無いと言うこと。


なんでも、
岐阜県羽島市の
「みのりフーズ」 
という会社にも卸していたみたいです。

数が数だけにまだ解明されていない会社もあるかもしれませんね。


<スポンサーリンク>





どの様な形で、ココイチのビーフカツが転売されているのが見つかったの



この問題ですが、
どの様に発覚してのでしょうか?


この商品が売られていたスーパーに、
なんとココイチのパート従業員が買い物に来て、
販売される筈のないビーフカツを発見。



不信に思ったパート従業員は、
会社に連絡。



経路を辿って行くと、
産廃業者の「ダイコー」が
本来廃棄する手はずだった物を
転売していたことが判明したみたいです。



しかも、
このダイコーは卸先に安いからと言って
強要まがいの事をしていたのでは?
との声も上がっています。


古い付き合いなのかもしれませんし、
地域での取引ですから、
黙っていても分からないということも有ったのかもしれませんね。


でも産廃業者が引き取る時は、
常温だったでしょうから、
一度、タマゴとパン粉をつけた状態です。
衛生面でも気になります。



転売されていたビーフカツの賞味期限と健康被害は?



今回、販売されていたビーフカツなんですが、
賞味期限は
1月30日まで 
となっているようです。

でも、先に書いた通り
廃棄されるはずのものですから、
ココイチ側から廃棄業者までの経路は常温だったはずです。


しかも、今回はココイチのビーフカツだけではなくて、
チキンカツ

カツ

メンチカツ

ビーフカツ

ナポリタンスープ

ラーメンスープ 

もてんばいされていたとのこと。



健康被害が心配ですが、
人間の身体は良く出来ているものと考えるべきなのか、
健康被害の報告はないそうです。



本来、産廃される品が私達の手に届く範囲で販売されていたこと。

値段の安さ異常に魅力的な物はありませんし、
今回のスーパーのブランドイメージというものも有ります。

それに加えて、5枚セットで398円という安さ。

更には、「ココイチ」のブランド 
も謳っていたそうです。



安さとブランド力が手に入るわけですから
そりゃ買いたくなりますよね。


大手ですから、
安心の度合いも違います。


でも、裏を返せば信用を失う結果が見えていなかったというわけではないと思います。




産廃業者の「ダイコー」が悪いには決まっていますが、
どこかの経路で不信に思ったりしなかったのかも疑問です。

<<<あなたにオススメ人気記事>>>
■つんくの癌は完治?治療法と病院はどこ? 
■つんく は末期 癌?病院と現在は?
■東国原英夫の現在は?結婚?知事選は?
■梅田賢三は現在、仕事があるのか?今の画像は?
■小渕優子が辞任? 姉と政治資金の関係は?



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © あのニュース2014-2015の真相や画像です。 All Rights Reserved.
FX会社

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。