So-net無料ブログ作成
検索選択

とんとん亭 栗山店の食中毒菌カンピロバクターの原因は? [ニュース]

とんとん亭の栗山店で食中毒が発生。カンピバクター菌って何が原因?
北海道栗山町にある
「とんとん亭」。

先月、中学生の送別会が開かれ
食中毒が発生した事件で
お店が3月下旬に4日間営業停止になりました。


食中毒の原因菌はカンピロバクターと言われるもので、
過去15年このカンピロバクターで死亡に至ったケースはなかったそうです。
死亡するケースも稀とのことで、
今回の事件は何が原因だったのでしょうか?



今回のお店「とんとん亭 栗山」の【食べログ】
を見たんですが、
置いてある品は、
牛肉、豚肉、鶏肉、海鮮、野菜など、
一般的なバイキング形式なお店なようで、
楽しめそうな感じの店でした。


では、カンピロバクター菌とはどの様な菌なのでしょうか?
後半で・・・

<スポンサーリンク>



とんとん亭の食中毒の原因、カンピロバクターって?




近年の食中毒といえば、
O-157だったり、
ノロウィルスだったりが有名ですが、
このカンピロバクターはノロウィルスに次いで
発生例の多い菌なようです。


主に家畜の腸内に居るようで、
接触や汚染された肉を不十分な加熱で食すると感染しやすくなるようです。


また、飲料水にも注意しなければならないとも言われています。


では、何肉に注意しなければならないのでしょうか?
家畜ということで、
牛、豚、鶏、羊・・・と様々ですが、
特に注意しなければならないのが、
鶏肉です。
食肉加工段階でも100%取り除くのは困難だと言われています。


もちろん野生動物も注意しなければいけませんし、
口にする以外にも、
接触でも感染というケースも有るようです。


前述の飲料水も勿論ですね。


ではどの様な症状になるのでしょうか?

症状としては、発熱、吐き気、寒気、腹痛等など
一般的な食中毒症状と似ています。


死亡例は近年では報告されていないようで、
ニュースにも取り上げられないのですが、
注意しなければならない菌の代名詞的存在なようです。




汚染された鶏肉を食べるときに、
加熱が不十分だったりすると感染しやすくなるようです。


焼き肉はチャント焼きましょうね。



焼き肉といえば
最近では成型肉といって、
崩れた肉をプレスして提供している
焼き肉バイキングの店もあり、
本来表面に付着している菌が
内部にもイルア場合があるとのことで、
牛だからといってレアばかりが良いわけではないようです。


食育の段階で肉の焼き方も教える必要があるかもしれませんね。


レアもいいですが、
レア思考だと鳥でも豚でも何でもレアでと思ってしまう、
若者も居るかもしれません。


肉はちゃんと焼いて食べましょう!



<<<あなたにオススメ人気記事>>>
■つんくの癌は完治?治療法と病院はどこ? 
■つんく は末期 癌?病院と現在は?
■東国原英夫の現在は?結婚?知事選は?
■梅田賢三は現在、仕事があるのか?今の画像は?
■小渕優子が辞任? 姉と政治資金の関係は?



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © あのニュース2014-2015の真相や画像です。 All Rights Reserved.
FX会社

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。