So-net無料ブログ作成
検索選択

とんとん亭の栗山店がやらかした。 食中毒カンピロバクター菌って何よ? [ニュース]

栗山町の とんとん亭 の食中毒事件の原因とされるカンピロバクター菌って何?
栗山町のとんとん亭が食中毒事件を起こした事件で、
女子中学生が亡くなりました。


食中毒症状は
21人中14人にあらわれ、
そのうち10人が通院し、
この女子中学生が入院することとなりました。

このとんとん亭が紹介されている
【食べログ】を見たのですが、
一般的なバイキング形式
牛肉、豚肉、鶏肉、野菜、海鮮なども置いてある
楽しめそうなお店な感じが伺えました。


今回、注目されるカンピロバクター菌って
どのような菌なのでしょうか?

後半で・・・

<スポンサーリンク>



とんとん亭で発生した食中毒菌カンピロバクターって?



カンピロバクター菌って、
ノロウィルスに次ぐ
発生件数の多い菌なようです。


カンピロバクター菌
家畜の腸内などに居る菌で、
飲料水等でも観戦するようです。


よく言われるのが鶏肉の生焼け。
あと飲料水、牛レバーにも居ると言われています。


しかも食肉に加工される際も100%除去するのは困難な様です。

鶏肉はよく焼くように言われるのはそのような理由があるんですね。


またペットとの接触による感染も有るようです。


今回の事件と食中毒菌カンピロバクター菌との関係は捜査次第ですが、
過去15年以上死亡例はなく、死亡に至るケースは稀都のことですが、



若者や高齢者には注意が必要な菌と言われています。


鶏肉はちゃんと焼いて火を通して食べましょう。
近年では
牛肉はレアでという風潮もありますが、
牛肉にも成型肉があり、
表面を焼いただけでは菌が死なない肉もあります。


ホルモンブームで腸内細菌をちゃんと殺さずに食べることもあります。


肉の焼き方も食育なのかもしれませんね。


食育は味覚や食べ合わせの授業と言われていますが、
食べ方ですね。


肉の食べ方、魚の食べ方それぞれ違います。

生つまり、刺し身ですが
魚の刺し身は体温で溶けると言いますが、

生肉は人間の体温では解けないとも本に書いてありました。

生肉はアルコールに漬けて殺菌処理していた業者が昔問題になリましたが、
あの事件も消費者が価格を追求するばかりに
そういう事件に至ったという人も居ました。


食に対して、
本来の食の仕方、
グルメだからと思い込んだ間違った食べ方も有るかもしれません。



調理する側の問題も有るのでしょうが、
焼き肉をするときには
トングを使用し、
お箸に菌がつかないように務める事も
消費者として重要かもしれません。

<<<あなたにオススメ人気記事>>>
■つんくの癌は完治?治療法と病院はどこ? 
■つんく は末期 癌?病院と現在は?
■東国原英夫の現在は?結婚?知事選は?
■梅田賢三は現在、仕事があるのか?今の画像は?
■小渕優子が辞任? 姉と政治資金の関係は?



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
広告スペース
Copyright © あのニュース2014-2015の真相や画像です。 All Rights Reserved.
FX会社

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。